顎関節症 ストレッチ

顎関節症はストレッチで緩和できるでしょうか?

ストレッチや体操で軽い腰痛が治る場合があるのと同じで、顎関節症も軽症ならば体操で改善することがあります。

 

ここで顎関節症に効果が期待できるストレッチをご紹介していきます。

 

 

 

あごは一段階目で二横指分程度開きます。

 

二段階目で一横指分のあごが開き、合計で三3横指分開くようになります。

 

二段階目のあごの開きの時には、下顎頭は軸にならず前に移動するようにあごが開きます。

 

そのため、下顎頭が前に出ないと、最後の三横指目が開きません。

 

片方のあごだけがこのような状態になることが多いですから、あごは動かない方に歪んでしまいます。

 

どうしてこのような状態になるのかというと、正常に動く方の下顎頭は前に動き、動かない方の下顎顎は前に動かないので、あごは前に動かない方に寄るような動きをしてしまうからです。

 

また、クリック音がする場合も、下顎頭が前に出るうちはまだ軽症で完全に前に出なくなると関節円板や関節包みなどが癒着してしまい、長期間そのまま放置してしまうと重症化してしまう可能性があります。

 

下顎頭が前に出ているのかどうかをチエックする方法としては、手のひらをあごの付け根に置いて、あごを開けられるだけ開けます。

 

そして、この時にあごの付け根が横に出っ張るような感じがあれば下顎頭が正常に前に出てきているということになります。

 

体操は一度ではなかなかな効果が実感できませんから、1日3回これを1週間続けてみてください。

 

顎関節症ストレッチ

  1. 口を開けられるだけ開け、15秒そのままキープします。
  2. 次に、あごを前に突出し15秒キープします。
  3. あごをひっこめて15秒キープします。
  4. 口を右に寄せて15秒キープします。
  5. 口を左に寄せて15秒キープします。

これらのストレッチをしてみて、痛みが増す動作はやらないようにしてください。

 

このストレッチは症状が軽い場合におすすめしているものです。

 

必ずこのストレッチで症状がやわらぐというものでもありませんから、少し試してみて痛みが増してきたりした場合はすぐに止めてください。

 

歯科医も推薦する自宅ストレッチがこちらです

 

 


HOME エゴズキュー 顎関節症解消法 自宅で経絡ヨガ I.E.S顎関節症改善法