顎関節症 症状

顎関節症の症状をまずは確認しましょう!

顎関節症の代表的な症状としては、次の5つがあげられます。

 

これらの症状が単独で発症したり、または、いくつか重なって症状として現れます。

 

あごが痛む

顎関節やその周辺の頬やこめかみが痛みます。
口の開け閉めや食べ物を咀嚼する際にあごを動かした時に痛むのが特徴です。

 

もし、あごの動きに関係なく痛むのであれば他の病気の可能性が高いでしょう。

 

口が大きく開かない(開口障害)

正常な場合は縦に指3本入る(40〜50mm)程度開くが、
顎関節症の場合は指2本程度(30mm)入るか、それ以下しか開きません。

 

また、あごの痛みから無意識に動きを制限してしまっている場合と顎関節の異常で口が大きく開かない場合とがあります。
開口障害は、突然口が開かなくなったり、徐々に開きづらくなる場合があります。

 

あごを動かすと音がする(関節雑音)

あごを動かすと耳の前ふきんでカクカクと音がします。
音のバリエーションは様々で、ジャリジャリ、ミシミシといった音がする場合もあります。

 

痛みがなく音だけがする症状である場合は、顎関節症予備軍として注意すべきですが治療の必要はないでしょう。

 

噛み合わせに違和感がある

あごの関節や筋肉に問題があると、あごの動きに変化が生じて噛み合わせが変わる場合があります。

 

急に噛み合わせに違和感があるなとか変わったなと感じた時は顎関節症の疑いがあります。

 

口をしっかりと閉じれない

まれに、あごの関節内の構造異常により、上下の歯列の間にすき間ができ、口をしっかりと閉じることができなくなる場合があります。

 

これらの他にも、頭痛、首や肩・背中の痛み、腰痛、顎関節部やその周辺の痛み、耳の痛み、耳鳴り、難聴、めまい、目の疲れ、歯の痛み、舌の痛み、味覚異常などの症状が現れたりもします。

 

 

また、顎関節症と症状が似ている病気として、発作性神経痛(舌咽神経痛、三叉神経痛)、歯や歯周組織・舌など口の中の病気などの「顔に痛みを感じる病気」や親知らずの炎症、顎関節の骨折・腫瘍・脱臼・感染症・炎症などの「口が開けにくい病気」があげられます。

 

顎周辺に痛みがあるからといって、必ず顎関節症であるとも限りません。

 

痛みや違和感を感じたら早期に医師の診察を受診しましょう。

 

 

 

 

 

顎関節症になりやすい人とは・・・

 

椎間板ヘルニア治療すべり症 腰痛解消エゴスキューエゴスキュー体操顎関節症解消 エゴスキューヘルニア 解消 エゴスキュー


HOME エゴズキュー 顎関節症解消法 自宅で経絡ヨガ I.E.S顎関節症改善法