顎関節症 セルフケア

自宅でできる顎関節症セルフケアのやり方

顎関節症の予防や悪化させないためのセルフケアをご紹介していきます。

 

歯をなるべく接触させない・食いしばりをしないように気をつける

歯が接触するのは物を噛むときだけにして普段は歯をなるべく接触させないように気をつけましょう。

 

硬いものは食べないようにする

痛みや口が開きづらいときは、しばらく硬いものを食べないように注意しましょう。

 

口を大きく開けないようにする

無理に口を大きく開けないようにしましょう。

 

また、食べ物はなるべく小さく切ったり、会話やあくび、歯科治療中の口開けにも開けすぎないように気をつけましょう。

 

冷湿布・温湿布

急性期の痛みには冷湿布が効果的です。

 

慢性的な痛みには温湿布が筋肉の緊張や痛みを緩和してくれ効果的です。

 

マッサージ

あごの筋肉が痛むときはマッサージで血行を良くすることができ、痛みを軽減することができます。

 

マッサージは筋肉を傷めないようにあまり強く揉みすぎないようにしましょう。

 

姿勢を良くする

立つ姿勢や座り姿勢を正しくします。

 

猫背やあごを突き出すような姿勢になっていないか、長時間同じ姿勢を続けていないかなどに注意しましょう。

 

うつ伏せ寝をしないようにする

うつ伏せ寝はあごや首の筋肉に負担がかかりますから、できるだけ仰向けで寝るようにしましょう。

 

枕も高いものは負担がかかりますからなるべく避けるようにしてください。

 

あごの運動をする

関節や筋肉の痛みが和らいできたら、少しずつあごの運動をおこないましょう。

 

その際に医師に相談の上、あごの筋肉エクササイズを症状を見ながらおこなうのがよいでしょう。

 

リラクゼーション

緊張をほぐして、あごに負担をかけないようにします。
仕事など長時間緊張が続くようなときは、ときどき休憩を入れて緊張を解き筋肉を休ませましょう。

 

全身運動をする

全身運動は、基礎体力の維持や全身の血行をよくしてくれ、気分転換やストレス解消にとても効果的です。

 

あごに負担をかけない生活をする

頬杖や偏咀嚼、食いしばりは、あごに負担のかかる行為です。

 

これらをおこなわないように注意しましょう。

 

顎関節症の病院での検査方法について

 

 


HOME エゴズキュー 顎関節症解消法 自宅で経絡ヨガ I.E.S顎関節症改善法