顎関節症 子供

子供の顎関節症が増えているそうです。

最近、顎関節症になる子供が増えてきていると言われています。

 

学校の集団検診であごの関節の検査がおこなわれるようになってから、この問題が指摘されるようになり、その原因として、姿勢の悪さやストレスなどがあげられるようです。

 

顎関節症の防止には日常生活の改善がとても大切です。

 

また子供の顎関節症の増加の原因として、
永久歯が生えそろう幼少期から大人と同じ食事を取ることもその一つとされています。

 

これは、あごがきちんと形成されていない成長期に大人と同じ食事をすると、噛むときなどに顎に過度な負荷がかかることにより顎関節症が引き起こされやすくなるからです。

 

最近の子供は「あごが小さい」、「あごが退化している」といわれていますが、顎関節症の増加にはこのことも関わりがあるようです。

 

子供の虫歯は減ってきていますが、その一方で噛み合わせの異常で歯科を受診するケースが増えてきています。

 

これは、やはりあごの発達がその要因として潜んでいるからです。

 

というのも、母乳で育った子供には噛み合わせが悪い子が少なく、顎関節症の症状を訴える子も少ないと言われています。

 

なぜ、母乳育児と噛み合わせや顎関節症が関係するのかというと、母乳を飲むときに吸う力が必要になるためです。

 

この吸う力があごや筋肉を発達させてしっかりとしたあごの形成に役立つと言われています。

 

ストレスが原因の場合もある・・・

また、顎関節症はストレスが引き金となって起こる場合もあります。

 

子供の顎関節症についても、受験や学校生活などのストレスが原因となって引き起こされたりすることもあります。

 

しかし、その発症の原因としてはストレスや食生活など色々な要因が重なり引き起こされているケースが多いようです。

 

そして、色々な要因はありますが、中でも食生活による影響は大きいですから、あごが形成される前の子供の食生活には十分に気をつけてあげた方が良いようです。

 

確かに勉強も大切ですが、ストレスが溜まりすぎると身体にも精神的にも良くありません。

 

運動や趣味などでストレスを上手に発散させられるようにしてあげましょう。

 

 

 

 

 

顎関節症のチェックをしてみる

 

 

新田義治 評判あがり症 克服法新田義治 評判あがり症克服法潜在意識 あがり症克服


HOME エゴズキュー 顎関節症解消法 自宅で経絡ヨガ I.E.S顎関節症改善法